ボイスオーバー・吹き替え

多様化する需要に対応できる多言語の声優をLangLinkで見つける

当社のサービス

動画のボイスオーバーや吹き替えのプロジェクトでは、元の動画の文字数や会話の速さ、シーンの変化に合わせるためのタイミングが最も重要な要素となります。当社のソリューションでは、以下の点を重視しています。

タイムコードの挿入および文字数制限の追加
タイムコードは、各オーディオセグメントの長さを定義する目的で使用されます。文字数制限の情報は、録音したオーディオファイルを割り当てられたタイムフレームに収める上で役立ちます。

最終原稿の翻訳および承認
通常、翻訳されたテキストは元のテキストとは長さが異なります。当社は、お客様のストーリーやメッセージをローカライズする能力を持つリンギストを厳選しており、翻訳された音声や画面上のコンテンツは、一定のタイムフレーム内でナレーションが付けられ、原文のニュアンスが正しく表現されます。その後、ナレーターが元の音声ファイルの語調、空白、および唇の動きに合うように調整を行います。

ボイスオーバー
一般的に、ボイスオーバーはドキュメンタリー、デモ、インタビュー、Eラーニングビデオなどで、元の音声にローカライズされた言語の音声を重ねて使用されます。この手法により、ターゲット言語のトラックを特定のスライドに合わせて戦略的に配置したり、元のサウンドトラックに重ねたり、同時通訳のような印象を与えることができます。

吹き替えおよび音声と動画の同期
吹き替えは通常、映画撮影やテレビ番組の収録で行われます。完璧なタイミングで高品質のアフレコを提供するために、当社の技術監督者は、最高水準の録音スタジオや最適な声優と緊密に連携した吹き替えのプロセスにより、タイムフレーム、唇の動き、場面の変化に合うよう、自然でシームレスなサウンドトラックを再録音します。また、当社では、音声とビデオを同期させ、お客様のご要望や解像度および形式のパラメーターに合わせた最終版ビデオを生成することができます。

地域のアクセントや方言、音程、語調、ジェンダーなど、話し方のスタイルに合わせて、多言語のボイスオーバーおよび吹き替え声優の中からお選びいただけます。

お客様の次のプロジェクトについてご相談ください